こんにちは。

今日はよく晴れて、洗濯日和です^ ^
のんびりとした午後のひと時。
お茶と音楽を楽しんでいます。


・・・


実は今週の半ばにダウンしました。
頭痛に体のだるさ、身体が動かない、
やる気もゼロ。そんな状態の過ごし方と、回復について。


火曜の夜から咳や鼻水、頭痛などの症状が出ている中、仕事を終わらせ深夜帰宅。
就寝し、朝を迎えたところ。。
起きられない!
しかも気力もゼロといった状態。

出社時間になっても起きられないので、
所属長に午前休みますのメールを送り、
ただ、横になり、自分の心身の状態を見つめる。

このところ休みなく動いていたので、
限界を迎えるのも無理もないなぁと。
落ちている状態をただ受け入れ、味わう。

10時過ぎても気力ゼロのままなので、
午後イチの打ち合わせの、キャンセルメールを送る。
途中何度か電話がかかってくるが、
用件は大した事はないので、放置。

現状でのやるべきことだけを済ませたら(上記メール)、焦る事なく、回復を待つ。

そして13時を過ぎたころ、
下がり続けていた調子が、ふっと上がるのを感じる。
その波に乗り、身支度、食事を済ませると、スッキリ良い感じ。
若干喉と頭に痛みがあるものの、問題なし。
15時過ぎに出社し、仕事を片付け、
夜は講座に参加し、1日を終えました。
(半日以上休みましたが、影響はほぼ無しw)


さて、ここでポイントなのは、
現状を受け入れ、自分を責めないこと。

朝起きられない、仕事に行けない時、
人はつい罪悪感や自責に囚われがちです。

仕事は休んではいけない。
人に迷惑を掛けてはいけない。
朝は起きなければいけない。
他の人は出来るのに、自分は出来ない。
などなどの信念を持っていることが多いのです。

けれど本当にそうでしょうか?
人は生まれてから、お互い様に、
助け合い、迷惑を掛け合い生きています。

体調不良の時は休んでもよし。
人に迷惑かけることもある。
朝寝坊もよし。
人は人。自分は自分。

親や他人やメディアに刷り込まれた価値感ではなく、自分を受容し、自分の信念を持つこと。
そうすると軽やかに生きることが出来ます。

今回のような体調不良のケースも、
引きずることなく、結果として最短で回復したりします。


今回の体調不良は、手放すべきものを抱え過ぎていることなどが原因であり、これは修正していけば良いもの。
(がむしゃらに働くは、もう卒業間近)


僕自身、10代の頃心身を病んだ時に、
朝起きられず、学校にもいけず、
布団の中で罪悪感、劣等感、無価値感に苦しみ、悪循環になっていた事もあります。

人の調子は波を描くもの。
心電図も、呼吸も、海の波も、昼夜も、月も、季節も、宇宙も。
上がる時もマル。下がる時もマル。

サーフィンのように自身の波に合わせて、
楽しんでいきましょう^ ^


今日もステキな1日を♪